大学に進学して診療放射線技師を目指すなら勉強する環境選びが大切

診療放射線技師を目指すなら、設備や奨学金が充実している大学を選ぶ

大学に進学して診療放射線技師を目指すなら勉強する環境選びが大切

学生

診療放射線技師を目指す学生の就職活動について

診療放射線技師を目指す学生の就職活動は基本的に一般的な就活生の就職活動とは全く異なります。
というのも診療放射線技師は専門知識を生かした職業なため、業界自体が非常に狭くほとんどがいきなり最終面接! のような流れでスピーディーなのが特徴です。
ですので診療放射線技師を目指す学生の就職活動は比較的簡単だといえます。

大学在籍中に学んでおきたいこと

大学在籍中に学んでおきたいことは「第一種放射線取扱主任者」などといった就職に役に立つ資格たちです。
前述の第一種放射線取扱主任者は在学中にも先生に取得を進められることが多く、就職に役に立つ資格を取ることが大学在籍中の課題となるといえます。
なお、放射線を扱う医療機器について学ぶ必要はありません。
というのも医療機器というものはメーカーや機器自体の新しい古いで使い方が大きく異なってくるからです。
そのため在学中に放射線を扱う医療機器について学んだとしてもあまり役に立つことは無いでしょう。

診療放射線技師がやりがいを感じる時

診療放射線技師がやりがいを感じるときで多いものは「良い写真を撮れた時」です。
レントゲン撮影などでは病巣を撮影するわけですが、ここで診療放射線技師の技量が必要とされます。
技量があれば病巣がくっきりと分かりやすい写真が撮れ、技量がなければ病巣があいまいで実態がつかみにくい写真になってしまいます。
そのため自分の技量を確認できる瞬間であるいい写真を撮れた時はやりがいを感じることができる瞬間といえるわけですね。

大学在学中の学生からの口コミ

しっかりとしたサポート体制 公立大学3年生

講義では放射線の知識から医学の基礎知識まで幅広い知識を学ぶ必要がありますが、どれも専門の教授がしっかりと講義をしてくれるため非常にわかりやすいです。
そのおかげか卒業後の国家試験合格率が非常に高いのも素晴らしいと思います。

建物が綺麗で勉強する環境が整っている 私立大学2年生

建物自体が非常に清潔で自分の学ぶべき分野に関して集中して学ぶことができる。
奨学金制度なども充実しているため学生をサポートする環境が整っている。

大学の設備にも注目!

診療放射線技師の国家試験受験資格を得ることができるという点で見たとき、大学の設備はどこもあまり変わりません。
というのも放射線を取り扱う医療機器があれば実習は可能なため設備によってそこまで差が出ることがないのです。
ですので差が出るところは清潔さや利便性といったところになりますが、こちらはより資金力のある私立大学が最も優れているといえます。

広告募集中