人の役に立つ喜びが味わえる!大学で診療放射線技師のスキルを学ぶ

働きがいを感じることが出来る医療系の仕事について

診療放射線技師は同じ医療職である医師や看護師などと比較した場合、影ながら患者さんを支えるような要素が大きいです。
表立った活躍こそないものの縁の下の力持ちとして、働き甲斐を感じることができる仕事です。

人の役に立つ喜びが味わえる!大学で診療放射線技師のスキルを学ぶ

メンズ

診療放射線技師の国家資格

診療放射線技師の国家資格を得るためにはは文部科学省、あるいは都道県知事指定の診療放射線技師養成学校を卒業することが必要です。
また4年制大学の診療放射線技師養成過程を修了するといったほうほうもあります。
いずれにしてもそれだけでは診療放射線技師の国家資格への受験資格が与えられるだけですので、国家資格を獲得するためにはしっかりと勉強して国家試験に合格する必要があります。

合格率を把握しておこう

診療放射線技師の国家試験の合格率は80%程度と国家試験の合格率としては中程度の難易度に入ります。
ただ年によって試験の難易度が変わるため年によっては60%程度の合格率の時もありました。
また全体的に新卒受験者の合格率の方が高い傾向にあり、全体の合格率が80%程度にもかかわらず、新卒受験者の合格率は90程度という数値をたたき出しています。
そのため授業で学んだことをしっかりと理解していれば十分に合格できる難易度と言えますね。

国家試験の対策方法

診療放射線技師を目指す場合、国家試験は最終関門の一歩手前のような所ですが、その対策方法はそこまで難しくありません。
というのもごく一部の例外を除き基本的に問題の出題傾向が変わらないという特徴があるからです。
問題の出題傾向が変わらないため合格率も毎年安定しているというわけですね。
ですので国家試験の対策方法としては過去問や大学で行われる模擬試験を徹底的に頭に叩き込むということが大切です。

広告募集中