大学卒業と同時に試験合格を目指す!診療放射線技師として働く方法

夜間過程で働きながら学ぶことが出来る

診療放射線技師になるために大学に通いたいが昼間は忙しい。
そのような方でも夜間過程を選択することで診療放射線技師になることができます。

大学卒業と同時に試験合格を目指す!診療放射線技師として働く方法

勉強する人

診療放射線技師を目指すことが出来る専門学校と大学の違い

診療放射線技師を目指すことができる専門学校と大学の違いは非常に大雑把に言うと「楽ができるタイミングが違う」ということです。
どういうことかといいますと、専門学校はまず先に楽ができる選択です。
というのも入学自体が簡単で、卒業も3年でできるなど、お金はかかりますがすぐに目標に近づくことができます。しかしその一方で就職時には信頼と実績のある4年制大学と必ず比べられてしまうという現実があります。
4年制大学は後に楽ができる選択です。
入学は明らかに専門学校よりも難しく卒業にも4年間の歳月を要します。
しかし就職時には大学の権威にもよりますが、専門学校と比べて信頼があるため非常に有利な立場に立つことができます。

診療放射線技師求人の年収

厚生労働省が発表した平成27度賃金構造基本統計調査によれば平均年収は534万円ほどです。
平均年齢が40歳なため、若い人は平均年収が下がってしまいます。
しかし看護師など他の医療資格を必要とする職業よりも年収が高く、年収が高いとされる薬剤師と同等の年収を得られることが特徴です。
しかしそのぶん競争率も高いとされているため目指す場合は具体的な対策が必要になってくるでしょう。

就職活動を行なう際の診療放射線技師求人の選び方

診療放射線技師の求人は、その多くが医療施設での求人となります。
大手の医療施設であれば他診療科との連携もおおいため多くの症例に対し幅広い知識を身に着けることができます。
逆に小規模な医療施設であれば人員自体が少ないため専門医でありながら施設全体の業務を任されることもあるでしょう。
また診療放射線技師は放射線を扱う企業や研究所でも必要とされています。
以上のような多くの活躍の場の中から最も自分にマッチする場所を選ぶことが重要です。

今注目されている医療系職業ランキング

no.1

医師 ~全てを任される病院のキーパーソン

なんといっても医師です。
病院で行われるすべての医療行為は、医師の存在なくして何一つ行うことはできません。
すべての医療行為を任されるだけあって、診療科目にもよりますが平均年収も非常に高いのが特徴です。
間違いなく注目の医療系職業ランキング1位にランクインできる職業です。

no.2

看護師 ~引く手余多な良待遇の職業

看護師が注目される理由はその待遇にあります。
平均年収も500万円前後とそこそこ高く、それでいて資格職なため育児や妊娠などで一時的に離職することになっても復帰しやすいということが言えます。
通常の会社であれば、一時的であろうと離職すれば以前のような待遇での復帰は難しいです。
さなため待遇面で看護師は非常に注目すべき医療職といえるでしょう。

no.3

薬剤師 ~地域社会にダイレクトに貢献できるやりがいのある職

こちらも看護師と同じく待遇の良い職業です。
薬剤師は慢性的な人材不足を抱えているために、やはり引く手あまたな職業で、一時的な離職によるリスクをほとんど背負う必要がありません。
また処方する薬剤は地域住民の健康に直接関与します。
そのような意味でいえば社会貢献度が非常に高い職業と言えるでしょう。
しかし医師や看護師と比較した場合大学卒業に6年かかってしまうなどの欠点が目立ちます。
そのため惜しくも3位のランクインとなりました。

広告募集中