大学進学前に確認しておきたい診療放射線技師としての適性

診療放射線技師は、大学で学んだ技術以外にも様々な能力が求められる

大学進学前に確認しておきたい診療放射線技師としての適性

男女

診療放射線技師に向いている人の特徴

診療放射線技師は放射線に関してのスペシャリストです。
一方で放射線を取り扱う機器などは常に進歩を続けています。
そのため、新しい情報や知識を柔軟に取り入れ理解できる、柔軟性がある人が向いています。
また診療放射線技師は医療施設などで仕事をすることが非常に多いですが、医療施設には多くの患者さんが来ます。
放射線に関する医療機器を扱うときだけとはいえ、患者さんとのコミュニケーションは避けられません。
特にレントゲン撮影時などは老若男女問わず必要となるため、様々な年齢の患者さんと接触することになります。
ですから人とコミュニケーションをとることに関して苦痛と思わない人が向いています。

病院以外の勤め先もある

診療放射線技師は主に病院などの医療施設が勤め先となります。
しかし実は他にも診療放射線技師の勤め先はあり、原子力工業分野や各種放射線研究機関など診療放射線技師が必要とされる場所があります。
そのように、放射線を取り扱う研究所や施設であれば、その専門的な知識を必要とされ、病院以外の勤め先になることも多いです。
また前述のとおり診療放射線技師の勤め先はほとんどが病院をはじめとする医療施設ですが、一口に医療施設といっても大規模な医療施設なのか地方の小規模な医療施設なのかでも仕事の性質は大きく変わってきます。

診療放射線技師の将来性

診療放射線技師はレントゲン撮影など放射線を取り扱う医療機器を用いる病院では必須の人材です。
そのため資格保有者は常に需要があると言って良いでしょう。
一方で今後資格取得のための大学などの施設が整ってきた場合資格保有者が飽和状態になってしまうことも考えられます。
ですが放射線関係の技術はまだ誕生から間もないために、今後も発展していくと考えられますのでこれからも一定の需要があると考えられます。

広告募集中